2016-07-10

過剰戦力放出へ


ユルゲン・クロップ初のプレシーズンが幕を開けた。新選手たちが到着し、移籍市場も開け、クロップのチーム改革が本格始動。これから過剰な選手たちを放出していくと明かした。

「ローンから戻ってきた選手たちは現時点では全員チームにいるが、今後どうなるかはわからない。私の役目は彼らにできる限りのトレーニングをして、決断を下すこと。現在38選手もいる。100%多すぎる!」

「決断が必要だが、移籍となっても移籍先のクラブが2〜3週間しっかりトレーニングされてフィットしている選手を迎えられるようにしておかないといけない。」

プレシーズン1試合目対トレンメア・ローバーズ戦ではジョーダン・アイブとマリオ・バロテッリがメンバー外となり移籍が濃厚だ。今試合出場したラザル・マルコヴィッチとアンドレ・ウィズダムもパフォーマンス次第で放出リストに入る可能性あり。

Liverpool Echo

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

放出も必要だけどマジでレフトバックをお願い

丹羽亮太 さんのコメント...

補強は大切ですが現有戦力のキープも必須事項ですね。売る選手も考えなくてわ。

匿名 さんのコメント...

Jonas Hector come ooooooonnnn