2014-06-27

キエッリーニ:処分重すぎる

代表の宿泊ホテルを去りウルグアイへ帰国したスアレス
ワールドカップの試合中にジョルジョ・キエッリーニに噛み付いたとして、FIFAはルイス・スアレスに対し、ウルグアイ代表として9試合の停止処分、さらに4ヶ月間サッカーに関する活動を全て停止する処分を言い渡した。スアレス個人に10万フラン(約1200万円)の罰金をも科した。よってクラブでプレーすることはもちろん、スタジアムでの観戦やメルウッドでの練習も禁止される。この発表を受け、キエッリーニは事件後初めて声明を発表した。

「私の中には、スアレスに対しては、喜びも憎しみも怒りもない。あの事件はもう起きたことで、終わったこと。あの試合に関しては怒りと失望だけが残っている。今はルイスと彼の家族を思う気持ちだけだ。彼らはこれから非常に辛い時期を過ごすことになる。これまでずっとFIFAの判断は申し分ないものだったと思う。だが一方で今回のスアレスに対する処分は重すぎる。彼が少なくともチームメイトの傍に残れることを願っている。これほどの罰則は選手にとっては未知の世界だからだ。」

この処分により、リバプールでは来シーズン11月までの13試合を逃すことになる。懲戒処分中にも移籍は許可されていることからバルセロナやレアル・マドリードが関心を示しているが、ECHOによると今回もクラブはスアレスを擁護していくつもりだという。ワールドカップでの事件で、練習含めあらゆるクラブでの活動を規制されたクラブは法的手段を準備していく。提携したばかりのスポンサー888pokerは、事件を受け、スアレスとの提携を解除すると発表した。


Clearly, Suarez has a problem and needs help! I'm standing by him. We're family.

2 件のコメント:

岡村高尾 さんのコメント...

なんか残念です。あなたは熱心なKOPだと思うし、尊敬しています。だけど子供たちも大勢みているようなW杯という大舞台で3度目
のこのような行為をしたスアレスを擁護、ましてやFIFAや被害者にむけて暴言を浴びせるような人にKOPを名乗ってほしくない。

Yuka さんのコメント...

噛む行為は擁護しませんが、彼を擁護しFIFAのクラブレベルの懲戒処分に疑問を持つリバプールファンはたくさんいます。