2017-01-21

ジェラードがアカデミーコーチに就任


36歳で現役を引退したスティーブン・ジェラードが原点に帰ってきた。2月からリバプールでフルタイムのアカデミーコーチとして就任することが正式決定。レジェンドプレイヤーであるジェラードがクラブのコーチとして新たな一歩を歩み始める。

「帰ってくることができてすごく嬉しい。スタートは2月なんだけど待ちきれないよ。人生の原点に戻ってきた感じ。プロとしてすべてが始まった場所に帰ってきた。アカデミーでリバプールのトレーナーを再び着て、デビューした頃を思い出したよ。プレーするのが大好きだから現役がすごく恋しいけど、今でも同じファンだし、アンフィールドに行くたび同じ結果を求め熱い感情を持つのは今でも変わっていない。」

「これは感情で決めたわけじゃなく、クラブやアカデミーに貢献するための新たな決断だ。このクラブがどれほど俺にとって大切な存在かは説明する必要はないと思う。だからこそ帰ってくるとなれば、しっかりクラブに貢献ができる役でないといけないと思っていた。」

「俺自身コーチとしてここで学べる素晴らしい機会であると同時に、自分の経験、知識を大事な成長時期にある若い選手たちに伝えることができる。クラブの価値はよく理解しているし、選手として様々なことを経験して、いいことも悪いことも経験しているからそういう経験が役に立つ。それに今の自分にはクラブ中のコーチからの指導が必要だ。いいコーチになるには学習と成長が何より大事だということは自覚している。コーチとして成長するためには周りのコーチたちの力が必要だ。彼らから学びながら、自分の経験を活かすことができると思っている。」

ジェラードの恩師であり現役スティーブ・ホロウェイコーチと
「クラブの価値を理解することは非常に大事なことだし、ユルゲンがクラブに植え付けたことを継ぐのも大事。それが今のカギだと思う。俺たちは世界最高の監督の一人がいる。そして彼が求めることはとてもクリアだ。彼のもとでプレーしたければ彼のやり方に従うこと。ユルゲンのプランには入るには彼のスタイルでやれるようにチャレンンジしないといけない。俺の役目は選手たちがそのチャレンジができるレベルに持っていけるよう力になることだ。」

「選手として豊富な経験を積んだし、クラブの価値やサポーターの気持ちもよくわかってるから、知識と経験で若い選手たちの力になることができる。選手みんなが気軽に話ができるコーチでいたい。同時に俺も彼らからも多くを学ぶことができる。」

いつか監督になることを夢見ているジェラードは、アカデミコーチが最良の選択肢だった。

「監督になりたい。いつかは自分にできるだけの最高の監督に。これはその旅路の始まりさ。ユルゲンやアレックス、スティーブら周囲の人々と話もして、この経験が将来の自分のための最高の道だと確信した。これ以上ない人たちのもとで学ぶことができる。このクラブには一流のシステムと才能ある選手たちが揃っている。今クラブはとてもいい時期にあって、とてもエキサイティングなタイミングに戻ってくることができた。」


アカデミーヘッドコーチのアレックス・イングレソープもレジェンドの復帰を大歓迎。

「スティーブンが再び戻ってきて、アカデミーで働いてくれるとは我々はとてもラッキーだ。彼は知識が豊富なだけでなく、このクラブの若い選手たちが経験することを彼自身が経験しよく理解している。クラブにとってボーナス以上のボーナスだ。全選手のお手本だし、彼のアドバイスを聞き入れない選手はいない。ほかのコーチでは教えられないような彼だからこそできるアドバイスもある。若い選手たちは、彼から必死になって学ぼうとするだろう。」

2017-01-17

マティプ1ヶ月出場禁止?


DFジョエル・マティプがアフリカネイションズカップ終了までの約1ヶ月間、リバプールでの試合に出場ができないかもしれない。出場許可が明確に確認できず、クラブは同選手をマンチェスター・ユナイテッド戦のメンバーから除外せざるを得なかった。

マティプはカメルーン代表でプレーした経歴を持つが、2015年9月以降同代表ではプレーしておらず、代表でのプレー意志がないことを示してきている。しかしFIFAの規定上、国から招集されている間は国の合意がない限り、国に従事すべき期間+5日間クラブでプレーができないことになっている。クラブが許可なしにプレーした場合、罰則が科される可能性がある。となると、アフリカネイションズカップの決勝は2月5日のため2月10日まではリバプールでプレーできないかもしれない。

FIFAからの明確な回答を待っているユルゲン・クロップは、マンチェスターで引き分けた後、不満を露わにした。

「我々の見解は、ジョエルは代表を引退した。クラブとしてすべて明確にできるよう全力を尽くしたが、彼がプレーできるという明確な回答は得られなかった。非常に辛いし、不満だ。彼は5日間しっかりトレーニングをしてきたから、チームに入るはずだったし、ピッチにも出ていたかもしれない。これはアンフェアだ。だが我々にこれ以上できることはないし、回答を待っている状況だ。」

「できるだけ早い回答を求めたい。水曜日には次の試合が控えているし、次もその次もすぐだ。いつまでも待っていられない。」

2017-01-14

ベストストライカーは俺


天性の才能を備えながらなかなかフィットせずユルゲン・クロップ監督の下ではベンチに座ることも少なくないダニエル・スタリッジ。クラブのベストストライカーと自信を持つスタリッジは、ベンチでは当然不満。だが常に全力投球で乗り越える意気込みだ。

「フィットしていながらプレーできない時は当然傷つくよ。それはどの選手も同じ。でもそれもサッカーの一部だし、過去や現在の選手たちみんなが俺と同じことを経験し乗り越えてる。ふてくされていないで、戦い、根性を見せ、ピッチ上でも外でも全力を尽くすことさ。ピッチに出ればベストを尽くす。シンプル。不満を言うようなことはしないよ。」

「自分では自分がリバプールのベストストライカーだと思ってる。監督だって世間の人だっていろんな意見があって当然。でも自分のことは自分が自信を持たないといけない。チームを選ぶのは監督だし、特定の状況で俺がベストオプションじゃないと監督が考えるならそれは彼の判断だ。受け入れるしかないし、落ち込んでいられない。この世界では浮き沈みしていられないし、いちいち個人的に受け止めてたらやってられないよ。」

昔から自己中心的との見方をされることが多いスタリッジだが、文句や不満を漏らすことは一切ない。実はとても親切で礼儀の正しいスタリッジ。

「公の場で文句をなぜ言わないか?言ったって何も解決しない。監督は毎日選手をしっかり見てる。監督がその試合に最高のイレブンを選ぶ。発言内容なんか関係ない。礼儀正しくするのは当然だよ。両親に礼儀正しくするようしつけられたからね。俺はよく話題に上がる選手のようだけど、個人的にはあまりそんなこと気にしていない。俺のことをよく知らない人が意見してたりする。本当に人として俺をジャッジできるのは実際会った人だけだと思う。」

負傷しがちな選手というレッテルを貼られているスタリッジだが、自分ではそう思ってはいないようだ。

「自分は負傷しがちな選手だとは思っていない。"負傷しがちな選手"っていう定義は何なんだ?俺はリバプールで多くの試合でプレーしている。昨シーズンも多くクラブのためにプレーした。大事なのは試合数じゃなく、ピッチに出た時にどれだけやれるか。負傷してるか、してないかは重要じゃない。フィットしていなくてもどれだけ自分を限界まで押し上げられるかだ。これまでもずっと怪我しながら何度もプレーしてる。」

「俺は目標高き男。最高の選手になりたいし、ベストストライカーとして名を残し、チームのトロフィー獲得に貢献したい。ベンチでも満足してますなんて言ったら嘘になる。誰だってベンチにいるのは嫌だ。でもチームは監督次第。選ばれなかったからといって感情的になっていたらパフォーマンスに影響してしまう。毎試合先発でプレーできたら俺はハッピーだし、ベンチにいるときは不満。でもだからといって自分のプレーに影響させたりはしないよ。」

Sky Sports

2017-01-10

FIFAファンアワード


FIFAが史上初めてFIFAファンアワードを選出し、リバプールとボルシア・ドルトムントのサポーターが選ばれた。これは最も際立った場面やジェスチャーを生み出したクラブサポーターに対し送られる賞で、2016年4月のUEFAヨーロッパリーグで両クラブが対戦する試合前に共に"You'll Never Walk Alone"を合唱した感動のシーンがこの受賞に貢献した。FIFAは、ライバル関係や言語の壁を越え、ヒルズボロ27周年記念日を前に団結力をみせた2クラブのサポーターを称えた。

FAカップ: 痛恨のゴールレスドロー


FAカップ3回戦がホームのアンフィールドで行われ、4部相当のプリマス・アーガイルと対戦した。ユルゲン・クロップは、序盤から試合を支配したものの、プリマスの守備を破ることはできず。痛恨のゴールレスドローに終わり、アウェイの再試合で決着をつけることになった。

「プリマスは非常によくまとまっていた。我々がずっとボールを握っていて全くオープンな試合ではなかった。相手にほとんどチャンスはなかったが、彼らは再試合にふさわしいプレーをしていたよ。前半良いスタートをしたが、早い段階で忍耐が切れた。パスやクロスのタイミングを間違った。」


クラブ史上最年少となる平均年齢21歳296日のチームで挑んだが、チームセレクションは間違っていなかったと強調。年齢は気にしていない。

「最年少?ルーカスも入れて?(笑)全く考えもしなかったよ。トレーニングを見て、チャンスに価すると思ったメンバーにした。年齢は気にしていないし、みんなチームにとって重要な選手たちだから起用している。」

「ラインナップもパフォーマンスもすべて私の責任だ。ラインナップがミスだったとは思っていない。試合中にミスをした。良いことは選手の功績、悪いことは監督である私の責任だ。悪くいえば100%私のせいだという人はいるだろうし、そう言われても仕方ない。」

「常に勝つためのチームを選んでいる。これだけ大きく変えると選手達にとっては楽ではない。それは私自身もよくわかっているが、若い選手はこうやって経験を積んでいくものだ。選手達は良い経験ができた。理想の結果ではないが、最悪の結果でもない。」