2018-01-07

クロップ、コウチーニョ退団を惜しむ


フィリペ・コウチーニョがクラブ史上最高額となる総額1億6000万ユーロ(約217億円)でバルセロナへ移籍した。指揮官ユルゲン・クロップがエース退団について胸の内を明かした。

「不本意ながら我々は素晴らしい友人、人物、そして一流の選手であるフィリペ・コウチーニョに別れを告げる覚悟を決めた。7月にバルセロナが最初に関心を示していたときからフィリペがこの移籍を望んでいたことは明らか。彼は私やオーナー、そしてチームメイトに対してもどうしても移籍したいと強く主張していた。それでも彼を残すことができた。ここに残り、我々の未来の一員になってもらえるよう説得できればと思っていた。」

「リバプールサポーターにはっきり言っておきたい。クラブとして我々はLFCの一員でいることはスペインへの移籍と同じくらい魅力的なものであるとフィリペを説得しようとあらゆる手を使って全力を尽くした。それでも彼は、彼と家族の将来は100%バルセロナにあるとの主張を曲げなかった。この移籍は彼の夢であり、ここから先彼の意志を変える策はもう我々の手に残されていないと確信した。」


「彼は過去5年間クラブに対し素晴らしい貢献をしてくれた。非常に残念だが彼はその期間をもう延ばしたくはないとのこと。気持ちは重いが、素晴らしい関係を築くことができた彼の成功を祈っている。夏の移籍市場が閉まってからも、彼は献身し集中し、良いパフォーマンスをし、我々の勝利に貢献し続けてくれた。そこは彼のプロ意識の高さが伺える彼の長所だ。」

「当然サポーターががっかりするのは理解できる。特別な選手に別れを告げるときには毎度そうなる。ときにそれが受け入れがたいこともあるが、これはフットボールの一部。それぞれが独自の夢、目標、目的を持っている。選手たちはやってきては去るもの。それがフットボールだ。だがクラブには重要な選手を一人失ってもピッチで前進していけるだけの力と強さがある。今のチームはこういう状況にしっかり対応していける。今の我々の規模と強さがあれば、これを乗り越え前に進んでいける。」

「リバプールの歴史は私も十分理解している。これまでにも重要な選手たちが去っていっている。だがクラブは常にここにある。リバプールFCの心と魂が移り行くことはない。多くのクラブが買えるものなら買いたいだろうがね。私は今のチームの才能を信じているし、それ以上にオーナーが我々チームに必要な投資をし続けてくれると信じている。ということは我々はさらに成長し改善していけるということだ。」

「だからフィリペにはここで別れを告げ、我々はチーム成長の道を行き、アンフィールドにトロフィーをもたらすという我々の目標に向かって進んでいく。」

コウチーニョは、2013年1月にインテルから£850万でレッズに加入。公式戦201試合に出場し、54ゴールを記録した。バルセロナとは5年契約にサインし、違約金は4億ユーロに設定された。





2017-12-30

スティーブン・ジェラード: 監督業は想像以上


5ヶ月間悩んだ末、LAギャラクシーの延長オファーを断り19年の現役キャリアに終止符を打ち、コーチの道へ進むことを決めたスティーブン・ジェラード(37)。プレーキャリアは終わったが、サッカーに対する情熱は変わっていない。今夏リバプールのU-18チームの監督に就任し、ユルゲン・クロップの下コーチングを学んでいる。『リバプールのファーストチーム監督』の夢に向けて歩み始めたばかりだが、その苦労は想像以上だったようだ。

「本当に大変さは実感してるよ。この半年で2歳は老けたね。戻ってきたときにユルゲンにアドバイスされた。『シャドーイングは短期間でいい。そのあとはミスを繰り返し、チームを選び、戦術を決めたりするのに何年も費やすことになる。そこで自分の哲学、プレースタイルを見つけ、選手たちとの問題解決をし、個々を褒め、手助けをし、失望や挫折を味わう。それすべて経験してこそこの仕事が自分のやりたいことなのかどうかがわかる。』って。」

「この5ヶ月間で、いいこと、悪いこと、監督たちが日々経験していることを自分ですべて経験した。ユースレベルでだけどね。この経験は将来のための備えになってるし、この経験で監督業が怖いとかもうやりたくないなんてことにはなっていない。この先へ行けばもっと注目を浴びて、意見され、批判され、賞賛されることになる。それは理解しているから、クレイジーな世間の注目を浴びずに裏でこの経験することは今の俺にとってすごく大切なことだと思ってる。」

2017-09-12

ハーフタイムにブチ切れたクロップ


マンチェスターシティ戦、5得点を許し大敗。思うようにプレーができなかった選手たちにハーフタイムに激怒したとクロップが明かした。

「この試合から学ぶことは多くある。ハーフタイムには激怒したよ。結果に怒ったんじゃなく、勝てる試合だったからだ。5−0で負けておいて何おかしなこと言ってるんだって言われて仕方ないがね!前半は理想のプレーの60〜70%しかできていなかった。」

「インターナショナルブレークを挟むとこういうことは起きる。世界中至る所でいつもと違うプランやポジションでプレーして帰ってくるとね。嫌だが我々には何も変えられない。シティも少し苦しんでいたようだった。」

「明らかなチャンスがいくつかあり、相手に1ゴールを許した。1ゴールは忘れられる。よく起きること。ここから!と思っていたところレッドカードが相手にアドバンテージを与えてしまった。ここで10人になるなんて最悪だし、それは試合でも明らかだった。だからラインを少し下げたんだが、それもまったく無意味だった。」

「今日の試合から学ぶことはたくさんある。起きたことはもう今更変えられない。できるのはそこから学び、次回改善することだ。」


2017-09-10

一発退場のマネ相手GKに謝罪



マンチェスターシティのGKエデルソンを負傷させてしまったサディオ・マネが試合後相手エデルソンに謝罪のメッセージを送った。

『エデルソンの早期回復を願っている。試合中の不運な衝突で怪我をさせてしまったこと、そのせいで試合でプレーを継続できなかったこと、とても申し訳ないと思っている。優秀な選手である彼の早期回復、早期復帰を願っている。』

エデルソンも顔面骨折はしておらず、無事であるとツイートで明かした。

『びっくりしたけど、俺は大丈夫だ。大きな勝利だ。みんなメッセージありがとう。』

レッドは誤審か


マンチェスターエティハドスタジアムで行われた大一番マンチェスター・シティ戦、リバプールが0−5で大敗。前半37分のサディオ・マネの一発レッドカードでの退場がチームパフォーマンスに響いたのは明らかだった。相手GKエデルソンの顔面を蹴ったマネにジョン・モス主審は危険行為として一発レッドを提示したが、この一発退場の審判は間違っているとの意見も多く、直後から大きな議論を呼んでいる。

ユルゲン・クロップ
あれはレッドカードではない。ボックスで見ていたペップも私もあれはレッドじゃないと思った。マネはGKを見ていない。あれは不運なアクシデント。脚はそんなに高く上げてもいなかった。もし足が相手に当たっていなかったらあれはゴールキーパーのファウルになってた。もう下されてしまった判断は変えられない。サディオはとても落ち込んでいるよ。キーパーが無事であることを願う。

ペップ・グアルディオラ 
11対11の間はタイトな試合だったが、あのカードから試合は変わった。レッドだったか?わからんね。マネはGKの顔を蹴ってやろうなんて考える選手じゃないと思う。彼はボールを追っただけだが、そのアクションが危険とみなされた。エバートン戦のウォーカーのレッドじゃなかったというのは確かだよ。

ケヴィン・デ・ブライネ
あれは悪いファウルではなかった。でもああなるとレッドが普通だろう。負傷がなかったらイエローだっただろうね。

ジェイミー・キャラガー
あれはレッドだ。最初は50/50のチャレンジだからレッドだとは思わなかったが、何度もリプレイをみるとレッドだと思う。みんな『マネはボールに行った』って言うが、それは関係ない。マネは故意にやったわけじゃなくても、脚が上がっている状態でボールに先に届かなければ、過剰な力を使ったとしてレッドカードをもらうことになる。マネはボールに行かなくてはいけない状況だったし、彼にとっては厳しい結果だがジョン・モスは正しい判断をした。今は30年前とは違う。誰も悪意を持ってチャレンジしたりしない。危険なものはレッド。それがルールだ。

ティエリ・アンリ
俺だったら行ってる。選手ならあのチャレンジは許されるべき。今回はGKにとって不運な結果となった50/50のチャレンジだ。両者ともに行かなければいけない場面だったし、あれが中盤で起きていたらレッドにはなってなかった。主審は選手が倒れている姿をみてジャッジを変えたんじゃないかな。最初イエローを取り出そうとしているみたいだった。

ギャリー・ネヴィル
レッドである必要はなかったと思う。審判の判断は間違いだ。今シーズンの試合である一方の選手が脚を高く上げてる時に、選手が頭から突っ込んで行き先にボールに届き、その選手の胸に脚が入ってしまう場面は何度もあった。それでレッドになることは極めて稀だし、イエローにもならなかったりしてる。GKが運び出されるほどの負傷になったということと審判は別だ。残念だが選手の衝突は試合の一部。取ってイエローだよ。

コロ・トゥーレ
マネはボールに行き、ゴールキーパーはボックスの外に出ていった。マネは脚を高く上げているし、それが相手を傷つけたから、俺はレッドだと思う。

ギャリー・リネカー
マネの退場はあまりにバカげた決断。おかしい。

アラン・シアラー
法に基づくと危険行為ならレッドだから正しい決断だろう。でも個人的にはあれが私の選手だったら取りに行って欲しい。俺だったら行ってる。マネはただアンラッキーだった。

フィル・ネヴィル
あれはレッド。ジョン・モスはいい決断をした。

リオ・ファーディナンド
あれはレッドだと思う。10年前なら議論の余地があっただろうし、みんなイエローだって言ってたと思う。でも今のルールでは危険行為になる。このジャッジまでリバプールのほうが危険なチームだったし、あの決断が試合を変えた。

グラハム・ポール
レッドカード。故意かどうかは無関係。

スタン・コリーモア
マネはボールに行っただけ。サッカーは接触するスポーツであり、審判は常識を超えて敏感になりすぎ。