2017-04-30

ジェラードがU-18監督就任へ


スティーブン・ジェラードが来シーズンからU-18チームの監督に就任することが決まった。現在アカデミーのジュニアレベルでコーチングを学ぶ傍ら、指導に関わっているジェラードの姿勢に惹かれたユルゲン・クロップは、元キャプテンをU-18の監督に引き上げることに。就任は来シーズンだが、クラブの将来を担うU-18チームへの指導はまもなく始まるとみられている。

「ここまでアカデミーでの仕事はすごく楽しんでるよ。すでにコーチたちからいろんなことを学んだ。アレックス(アカデミーダイレクター)とも話し合って俺がステップアップし、チームをマネージメントする時が来たと感じた。素晴らしい仕事をしたニールを引き継いて選手たちをU-23に入り、最終的にはファーストチームでプレーできるように指導していきたい。」

「最近のアカデミーはいい格好しようとする少年たちが多い。みんなテレビゲームで学んだのかクライフターンやドリブルでいい格好して目立てばいいと思ってる。もちろんスキルや才能は大事だし、俺もそれはとても高く評価するけど、試合ではそれ以外の要素がすごく大きい。選手たちは今後キャリアの試合で戦っていける力を身につけないといけない。全員がリバプールのファーストチームでプレーするわけじゃないけど、彼らが今後プレーしていく上でキャリアの手助けはできる。」

「今の選手たちはアカデミーはすごい職場環境にある。贅沢な食事お出迎え付き。フルタイムの選手たちは高額の給料をもらっていて俺のアカデミー時代とはぜんぜん違う。それが時に現状満足させてしまい、移籍や解約されたときにショックを受けることになる。選手たちにはここで成功するためには犠牲を払い、ベストを尽くすことを叩き込まないといけない。本当のハードワークはアカデミーを卒業してから始まるんだから。」

ジェラードにはさらにプライベートでもハッピーなニュース。29日に妻アレックスとの間に第4子となるリオ(Lio)君が誕生した。待望の男の子で名前はジェラードが世界一と称えるリオネル・メッシ由来とみられる。


ロヴレンと長期契約締結


クラブはDFデヤン・ロヴレンと新たに長期契約を交わしたことを発表した。2014年夏にサウサンプトンから加入、公式戦105試合に出場。4ゴールを記録している。契約は2021年までで週給£10万にグレードアップ。ユルゲン・クロップは確かな信頼を寄せている。

「彼に今後も長くいてもらえると決まり私はとても嬉しいよ。リバプールに来た当時は苦しんだようだが、今の彼はリバプールにぴったりハマっている。フィジカルが非常に強く、素早いとても優秀な選手だよ。これからもチームの大きな力になってくれるはずだし、我々が彼のさらなる守備力強化の力になれる。デヤンはまだ27歳。彼の全盛期はこれからだ。」


2017-04-14

ドルトムントを想う


ドルトムントの選手たちを乗せたチームバスを狙った爆破事件を受け、7年間ドルトムントを率いたユルゲン・クロップは、会見でショックを隠せなかった。

「ご想像通りとても辛い状況だった。私自身何度あのホテルを利用したことか。あの道はよく知っているし、バスには私の友人たちがたくさん乗っていた。事件を聞きつけすぐに情報を模索した。ものすごく不安だったし彼らを想うと怖くなった。何人かに連絡は取ったが、私の粗末な質問で困らせたくはなかったから、みんなと同じく詳細が明るみになるのを待ったよ。」

事件翌日に試合が実施されたことに手配側にも理解を示したクロップ。厳しい状況のなか行われた試合でドルトムントは2-3の敗戦を喫している。

「事件を聞いて試合のことはほとんど考えなかった。昨日の試合は見たが、両サイドの言い分が理解できる。このタイトスケジュールのなかで別の日を設けるのは非常に難しい。だが、ドルトムントが試合を放棄していても誰もが理解しただろう。90分プレーし雰囲気を作りあげたドルトムントをとても誇りに思うよ。試合はもう重要なことじゃなくなってたが、彼らはベストを尽くした。だが試合後の元教え子たちの目は怯えていた。彼らのそういう表情をみるのはとても辛かった。治癒するまで時間がかかる。」

「試合決行の決断をした人たちがバスに乗っていれば試合は行わなかったろう。でもどれほど難しい状況だったかは実際乗っていた人にしかわからない。世界中の人々が心配している。辛いが、人生は続く。前に進み続けるしかない。そうするし、できる。我々はサッカーとトレーニングに集中だ。ドルトムントのことを想っているが、止まってはいられない。」


サコーにセカンドチャンス?


ユルゲン・クロップから戦力外通告を受け、1月にクリスタルパレスへとローン移籍したDFママドゥ・サコーが移籍後大きなインパクトを残している。サコーの到着まで25試合で無失点に抑えられたのはたったの2試合だったパレスだが、サコー加入後には6試合で2失点と守備がレベルアップ。サコーのインパクトを賞賛しつづけるサム・アラダイスは、契約に完全移籍のオプションは付いていないことを明かした。

「完全移籍の条項はない。でも彼を連れてくることができただけでも大きい。確実に我々にとって価値のあるものだった。プレミアリーグで安全圏にいない今、ママの契約の話はできない。」

サコーは、「もう一度リバプールのユニフォームを着られるなら喜んで。」とリバプールに戻ること視野に入れているが、ユルゲン・クロップは明言を避けた。

「プレミアリーグの試合はたくさん見ているからクリスタルパレスの試合も見るし、彼の活躍等は見ている。だが今この場で話すことは何もない。夏のことをいろいろ憶測しているんだろうが、すべて非公開だ。言うべき時が来たら言うよ。」


トーレス: ジェラードは最高のパートナー



現在アトレティコ・マドリーでプレーするフェルナンド・トーレス。これまで数々の大物選手とプレーしてきたトーレスにとって最強のチームメイトはやはりスティーブン・ジェラードだったと明かした。絶妙な連携で07年から11年までアンフィールドでゴールを量産した。

「スティービーは俺が選手に求めるすべての能力を備えた選手だった。みんなと同じくリバプールに加入する前から彼のファンだったけど、一緒にプレーしてみると彼は想像以上にすごい選手だった。キャリアで共にプレーした選手たちの中で群を抜いて一番さ。もう一度彼とプレーできるならお金を払ってもいい。」

ジェラードが帰りに悔し涙を流したあの"スリップ"をライバルとして直に見たトーレス。当時は何を思ったのか。

「本当に彼を思うと辛かったよ。一緒に優勝できなかったし、リバプールにとって悲願のリーグ優勝のチャンスがあったから。誰より優勝に値するスティービーにあんなことが起きるなんて本当にアンフェアだと思った。でもそれがサッカーさ。一瞬ですべてが変わり得る世界だからね。」

現在のリバプールを評価しているトーレス。

「チェルシーが優勝しなかったら奇跡だね。リバプールにはもっと安定が必要だ。でもとてもいい選手が揃ってる。」

今年2月からジェラードはリバプールアカデミーのコーチングを担当。その熱心な指導に感銘を受けたユルゲン・クロップは、今夏からジェラードをU-18の監督に任命すると噂されている。